企業情報

HOME > 企業情報TOP > 沿革

沿革

昭和51年4月「フランチャイズチェーンシステムによるコンビニエンスストアの経営」を主たる事業目的として資本金2,000千円で株式会社ポプラを広島市中区銀山町14番17号に設立。
7月「弁当・惣菜の製造販売」を主たる事業目的として、広島市西区に株式会社弁当のポプラを設立。
昭和58年10月フランチャイズ店舗1号店(広島市南区)をオープン。
昭和62年3月オンラインEOSシステムの構築。
平成3年3月POSシステムを全店導入。
5月料金収納代行業務を開始。
9月弁当・惣菜の製販一貫体制の強化のため、株式会社弁当のポプラを合併。
平成4年7月九州地区出店強化のため、トップマート株式会社を合併。
12月店舗に対する商品・資材の配送を行うポプラ物流サービス株式会社を設立。
平成5年5月本社新社屋を建設(広島市安佐北区)。
平成6年4月生命保険・損害保険など代理業を主たる事業目的としてポプラ保険サービス有限会社を設立。
平成8年2月ポプラフーズ株式会社を設立し、弁当・惣菜製造部門を営業譲渡。
平成10年2月関東地区においてコンビニエンスストア「生活彩家」44店舗を展開する株式会社ハイ・リテイル・システムを買収。
4月関東地区においてコンビニエンスストア「ジャストスポット」73店舗を展開するパスコリテール株式会社を買収。
平成11年2月日本証券業協会へ店頭売買有価証券として登録。
平成12年2月東京証券取引所、市場第二部へ株式を上場。
平成13年2月ポプラフーズ株式会社、ポプラ物流サービス株式会社、他子会社5社を吸収合併。
3月関東地区・関西地区においてコンビニエンスストア「くらしハウス」147店舗を展開する株式会社ジャイロを買収。
平成15年5月関東地区においてボランタリーチェーン「ヒロマルチェーン」及び「マイチャミー」255店舗を運営する株式会社ヒロマルチェーン及びエフジーマイチャミー株式会社を買収。
8月東京証券取引所、市場第一部に指定。
平成16年11月北陸地区においてコンビニエンスストア「チックタック」25店舗を展開する株式会社チックタックシステムズ及びコンビニエンスストア「ホットスパー」29店舗を展開する北陸ホットスパー株式会社を買収。
平成17年2月電子マネー“Edy”(エディ)をグループ全店で取扱開始。
平成21年8月電子マネー“WAON”(ワオン)の実験導入開始。
11月改正薬事法対応の医薬品取扱店として“コンビニ&ドラッグ”店舗オープン。
平成24年7月大阪市営地下鉄北エリアの運営事業者として駅売店22店舗の運営権を獲得。
10月第4次POSシステムの全店導入完了。
交通系電子マネーの取り扱い拡充。
11月広島県との包括的連携に関する協定を締結。
平成25年4月全店でクレジット決済開始。
平成26年10月「楽天Rポイントカード」サービス開始。
12月株式会社ローソンとの資本業務提携契約締結。
平成27年11月鳥取県に「ローソン・ポプラ」オープン。
平成28年2月広島工場で広島県食品自主衛生管理認証取得。
11月株式会社ローソンと山陰地区事業の共同運営会社設立。
平成29年6月第三者割当増資実施。
11月中京準備室現地事務所開設。
ページトップへ